So-net無料ブログ作成

-佐藤良二の故郷・郡上市白鳥町を走る 佐藤良二さくら道・有志によるランニング- [おしらせ]

※以下は佐藤良二さくら道・夢マラソン実行委員会の公式のお知らせではありませんが、有志の人たちによって計画されているランニングのおしらせと、コースの詳細です。


-佐藤良二の故郷・郡上市白鳥町を走る
   佐藤良二さくら道・有志によるランニング-

ryoji.JPG

 今年も春の訪れとともに、桜の開花を待ちわびる人が大勢いることと思います。桜は昔から日本人に最も親しまれ、愛され続けてきた花のひとつです。

 そんな桜に魅せられ、人生を懸けて桜を植え続けた男が佐藤良二です。彼は名古屋から金沢まで全長266kmを走る「名金線」と呼ばれる国鉄バスの車掌でした。

 彼は御母衣ダムに沈んだ村から移植された老桜(荘川桜)が奇跡的な生命力で花を咲かせ、故郷を失った人々が笑顔を取り戻したのを見て、桜の力で人々を幸せにしようと太平洋と日本海を桜で結ぶことを決意します。

 彼が夢見たのは、自分の乗るバスが走る道路沿いに桜を植え、名古屋から金沢まで続く桜のトンネルをつくることでした。そして試行錯誤の結果、樹齢が長く大木へと成長する品種「荘川桜」の実生苗を育てることに成功します。

 しかし、桜を植え始めた昭和41年から12年が経過し、二千本余りを植えた頃、彼は病に倒れ、志半ばの47歳という若さでこの世を去りました。彼が思い描いていた「さくら道」の夢は絶たれたかに思われましたが、同僚や家族へと受け継がれ、彼が亡くなった後も教科書や映画で紹介され、彼と桜のことを知った多くの人によって彼の夢は今も続いています。

 彼が晩年に残した言葉があります。
“この地球の上に天の川のように美しい花の星座をつくりたい。花を見る心がひとつになって、人々が仲よく暮らせるように・・・”

 佐藤良二さくら道・有志によるランニングは、彼の夢を受け継ぐとともに、1994年以降、毎春開催されている「さくら道国際ネイチャーラン」に協賛して、また市民ランナーの皆さんが佐藤良二の故郷と交流することを目的に開催します。


 <日 程>
平成23年4月10日(日)
 9:00 受 付 ・・・油坂さくらパーク管理棟
10:00 スタート
12:30 全員ゴール予定の時刻

 <約15kmコース>
油坂さくらパーク - 向小駄良番所跡 - 顕彰碑 - 藤路の桜 - 圓覚寺 -良二さんの生家 - 民宿てんご - 向小駄良信号 - 国道156号横断 - 佐藤桜(下田) - 北濃小学校 - 長良川沿堤防(桜並木) - 佐藤桜(下田) - 国道156号 - 向小駄良信号 - 油坂さくらパーク

 <約4km・約5.5kmコース>
油坂さくらパーク - 向小駄良番所跡 - 顕彰碑 - 藤路の桜 - 圓覚寺 - 良二さんの生家 - 民宿てんご -油坂さくらパーク

(油坂さくらパーク ~ 藤路の桜往復コースが 約4km)
(油坂さくらパーク ~ 民宿てんご往復コースが 約5.5km)

コースは白線又は簡単な案内看板で表示してあります。更衣室の必要な方、シャワーご利用希望の方は事務室までお申し出ください。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。