So-net無料ブログ作成
開催趣旨 ブログトップ

「佐藤良二さくら道・夢マラソン」 [開催趣旨]

ryoji.JPG
今年も春の訪れとともに、桜の開花を待ちわびる人が大勢いることと思います。桜は昔から日本人に最も親しまれ、愛され続けてきた花のひとつです。

そんな桜に魅せられ、人生を懸けて桜を植え続けた男が佐藤良二です。彼は名古屋から金沢まで全長266kmを走る「名金線」と呼ばれる国鉄バスの車掌でした。

彼は御母衣ダムに沈んだ村から移植された老桜(荘川桜)が奇跡的な生命力で花を咲かせ、故郷を失った人々が笑顔を取り戻したのを見て、桜の力で人々を幸せにしようと太平洋と日本海を桜で結ぶことを決意します。

彼が夢見たのは、自分の乗るバスが走る道路沿いに桜を植え、名古屋から金沢まで続く桜のトンネルをつくることでした。そして試行錯誤の結果、樹齢が長く大木へと成長する品種「荘川桜」の実生苗を育てることに成功します。

桜を植え始めた昭和41年から12年が経過し、二千本余りを植えた頃、彼は病に倒れ、志半ばの47歳という若さでこの世を去りました。

しかし、彼が思い描いていた「さくら道」の夢は同僚や家族に受け継がれ、彼が亡くなった後も教科書や映画で紹介され、彼と桜のことを知った多くの人によって彼の夢は続いています。

ここに彼が晩年に残した言葉があります。“この地球の上に天の川のように美しい花の星座をつくりたい。花を見る心がひとつになって、人々が仲よく暮らせるように・・・”

「佐藤良二さくら道・夢マラソン」は、昨年春、彼が故郷に植えた一本の桜から数百本もの実生が芽吹いたことから構想が持ち上がりました。この大会は彼の夢を受け継ぐとともに、1994年以降、毎春開催されている「さくら道国際ネイチャーラン」のプレイベントとして、また市民ランナーの皆さんが気軽に参加し、佐藤良二の故郷と交流を深めることを目的に彼の生誕地である郡上市白鳥町向小駄良地区で開催します。




※日時:2010年4月11日(日)小雨決行
※会場:郡上市白鳥町向小駄良地区周辺





佐藤良二さくら道・夢マラソン実行委員会
開催趣旨 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。